株式会社ミヤモト家具

INTERVIEW

「人と人」のつながりを大切に

杉木涼
株式会社ミヤモト家具
専務取締役 杉木涼
2011年入社
富山大学芸術文化学部卒

FAVORITE 3-ITEM

私の仕事道具
  • 三角スケール
  • 三角スケール
  • 図面上の寸法を読み取るための必需品!
  • 一眼カメラ
  • 一眼カメラ
  • 販促資料やカタログ用写真撮影のための相棒!
  • 名入りボールペン
  • 妻にもらった名入りボールペン
  • このペンを握ると、奮い立たされます!笑

私の使命

誇りと情熱を持って働ける環境と企業風土を作る!

皆が仕事にやりがいを感じ、ミヤモト家具という会社に対して、誇りと情熱を持って楽しく働ける環境と企業風土を作り上げることが私の使命だと考えています。また、弊社には「本物」をベースとした確固たる理念が存在しています。企業としての考え方・コンセプトのアウトプットを繰り返し、社員全員に本当の意味での理念浸透を実現していきたいです。
弊社にはマインドの高いスタッフが多く、理念を理解し行動する社員が多く在籍しています。結果、それはお客様にも伝わり、共感を呼び、全体の喜びに変わっていきます。

私自身の日常の業務としては、主にスタッフの店舗業務の管理と販促用資料や製品カタログ等の作成です。ミヤモト家具という企業を魅力的に伝えるため、日々センスを磨く努力も行っています。

働く理由

「さすがミヤモト家具だ。本当に頼んで良かった!」

私が働く理由、それはお客様の満足と喜びの為。すべては最後に待っているお客様の笑顔の為です。
「さすがミヤモト家具だ。本当に頼んで良かった!」納品後にお客様が子供のように喜ばれるこの瞬間、得も言われぬやりがいと喜びを感じます。自社で製品企画から制作・販売・配送を一貫して行っているからこそ感じられる、この喜びは大きいです。

私の目標

大義に向かって社員全員で本物を追求していく

時には仲間とぶつかるときもあれば上手くいかないこともあります。しかしその先に待っているお客様を見失わない限り、僕らの仕事は必ず実りあるものになると信じています。ミヤモト家具はそんな仕事の喜びを存分に味わえる企業なので、私は大好きです。

1人1人の個性を尊重し、伸び伸びと仕事ができる今の社風を大切にしながら、理念という大義に向かって社員全員で本物を追求し、一人でも多くのお客様を幸せにできる企業であり続けたいと考えています。

ONE DAY SCHEDULE

ある日のスケジュール
ある日のスケジュール
  • 接客中
  • 忘年会
  • 入社時
ミヤモト家具を志望した理由

「本物の家具を伝えたい」という会社の想いに、何より魅かれました。大量生産・大量消費が目立つ現代、素材感と造りにこだわり、モノの「本質」を大切にする社長の考えに強く感銘を受けたことが一番の理由です。また、製品開発から販売、さらには配送まで、自社で一貫して行っているという点もとても魅力的でした。

学生時代に学んだこと

大学では主にプロダクトデザインを学び、並行して家具製作の実習を行っていました。実際に家具製品のコンセプト設定からデザイン、製図までの一連の過程を自分自身で学び、経験することで、モノを見る力や考える力を養うことができました。また、実際の家具製作に関しても製材から仕口加工、組み立てなど基本的な技術も学生時代に学ぶことができ、今も家具のメンテナンスや簡易的な修理をする際に、その経験が大変役に立っています。

__ ミヤモト家具のイメージを一言で言うと?
サーカス集団(笑)
__ どんな職場ですか?
本気で働け、本気でふざけられる職場。仕事の喜びを心から感じられる会社です。
__ 周りにはどんなスタッフがいますか?
負けず嫌いで変な人ばっかりです。。。
__ 今後あなたが挑戦していきたいことは何ですか?
理念を本当の意味で会社内に浸透させ、スタッフ個々の能力を最大限に発揮させてあげられる環境を作ること!会社のポテンシャルを惜しみなく発揮し、多くのお客様に喜んで頂きたい。
__ 10年後のビジョンを教えてください。
北陸を代表するインテリアショップとしての立ち位置を確立します!
常にお客様にとって親切なご提案を心掛け、皆から愛される会社を目指し、一歩ずつ社員と力を合わせて実現していきたいと考えています。
プライベート写真
<休日の過ごし方>
日中は家族とお出掛けをし、夜は大好きな映画を見て、ゲームをして寝ます。