株式会社ミヤモト家具

INTERVIEW

培ってきた多くの経験と技術を

浦山雄平
配送・製造部 浦山雄平
2012年入社
職藝学院家具科卒

FAVORITE 3-ITEM

私の仕事道具
  • インパクトドライバー
  • インパクトドライバー
  • 家具の組立時や表札・カーテン等の取付、造作家具の現場施工時の必需品!
  • 鉋
  • 造作家具の摺合せ(微調整)や家具の加工、製作時に使用しています。
  • 鑿
  • 造作家具の加工や製作時に使います。

私の仕事

配送はもちろん、現場施工や修理も!

基本業務は主にお客様のお宅へ家具をお届する配送業務です。
その他にも造作家具の現場施工、つまり建築中のお宅へ造りつけの家具を取付けたり、家具の修理やメンテナンスも行っています。

仕事の魅力

他では経験できない幅広い仕事内容

一般的な家具店とは違い、ショールームを富山県内に2店舗(もうすぐ3店舗目!)構え、現物を数多く展示しながら、デザインから自社で行い自社工場で造り上げた製品を、自社のスタッフで配送&取付まで行う当社の業務は、他では経験できないことだと思います。

やりがい

本気で話し合う事が出来る環境

配送時や現場施工時に、建築中の現場を見たり、大工さんや現場監督さんと会話が出来ることが自分の知識向上や技術向上にもつながり、とてもやりがいを感じています。

また、スタッフ同士で、どうすればもっとお客様から喜んで頂ける仕事が出来るかどうかを、ショップスタッフ・配送スタッフ・家具職人と一緒になって、本気で話し合える事が出来る環境に、何にも代えがたい喜びを感じます。

ONE DAY SCHEDULE

ある日のスケジュール
ある日のスケジュール
  • メンテナンス中
  • 配送出発
  • 現場施工
ミヤモト家具を志望した理由

祖父が大工をしており、幼い頃から木に触れる機会が多く、木の香りや手触りなど、木の魅力の虜になりました。以前から家具や木製雑貨を造ることが好きで、その知識を活かした仕事がしたいという想いが強く、家具職人の道を志しました。そんな中ミヤモト家具を知り、木へのこだわりや知識、そして家具のデザインから製作に至るまで自社で行うという方針に共感し、強く魅力を感じ志望しました。

学生時代に学んだこと

昔から何かを造ることが好きで、祖父の大工仕事や、「大工さん」という仕事の憧れから建築の専門学校に入り建築を学びました。建築を二年間勉強した後は工務店に入社しましたが、家具を造りたいという想いが以前に増して強くなり、専門学校の家具科へ研究生として再入学しました。木の性質や木目の見分け方、木に関する知識を深め、実際に家具を製作し、家具の構造やデザイン、組木の技法を学びました。

__ ミヤモト家具のイメージを一言で言うと?
一人ひとりが個性的でありながら、何故かチームワークは抜群!
__ どんな職場ですか?
笑いの絶えない明るい職場です。
__ 周りにはどんなスタッフがいますか?
仕事に情熱を注ぐことのできる、常に本気のスタッフが大勢います。
__ 今後あなたが挑戦していきたいことは何ですか?
店舗造作家具の施工!
__ 10年後のビジョンを教えてください。
個人で店を出す!
プライベート写真
<休日の過ごし方>
愛車でドライブしたり、友人達と居酒屋巡りをしています。