株式会社ミヤモト家具代表取締役 宮本豊彰のブログ

企業情報

二番目の藤井さん

こんばんわ。

オーナーの宮本です。

 

きょうは、久しぶりに配送に行ってきたのですが・・・

 

 

 

富山 吟楓会 記念品製作 ミヤモト家具 5

 

 

 

寒い・・・

 

 

 

富山 吟楓会 記念品製作 ミヤモト家具 3

 

 

 

すっかり冬ですね。。。富山は・・・。

そして冬と言えば・・・

 

 

 

 

 

 

シェ・フジイ ミヤモト家具25

 

 

 

 

ぺ・ヨンジュンの季節です!( ̄▽ ̄)!


よっ!ご無沙汰!( ̄▽ ̄)!笑

そろそろ、ペ・ヨンジュンと検索したら、

塩岡君が出てきてもイイように思っておる次第です。。。

ちなみに彼は最近、

事務所の移転に加え、

2月からの価格改正の作業に追われ続け・・・

 

 

 

 

 

 

全く余裕がございません( ̄▽ ̄)


↑余裕のないペヨンジュン・・・らしくない。。。( ̄▽ ̄)

 

 

 

というコトで、

本日も張り切ってまいりましょう(^O^)/←相変わらず前後、全く繋がらない前振りでございます<m(__)m>

 

いや~~それにしても、

先日のエバちゃんのブログ。

素晴らしかったな~~。

私、毎日スタッフのブログを片っ端からチェックしておるのですが、

同世代のふたりの副店長(澤田・中村)を想う、

その気持ちの持ち方に、

非常に感動いたしました。

 

特に中村とは、年齢的にも同級生でありますから、

なかなか自ら「尊敬」という言葉は、

そう言えるものじゃありませんよね(*^-^*)

若い時は特にです。

 

SOLID金沢での、3人のチームワークを見ておりますと、

皆が20代の3人でしたから・・・

私が唯一心配した部分を、

あっさりと解消してくれたように思います。

 

実の所、

元々実践向きで実力派のエバちゃんがキモと思っておりましたから、

彼女の謙虚さ上に、

本当に良いチームに仕上がったように思います(*^-^*)

 

SOLID金沢は、

1月3日にオープンしたばかりの、

産まれたてで、しかも県外での店舗。

 

いま、何も広告なしに来て下さるお客様ひとりひとりを、

絶対に忘れてほしくない。。。

 

それは、私の切なる願いです。

 

 

きょう、

私は、ミヤモト家具を設立して、2番目のお客様だった、

藤井さんに御注文頂いておりました、

とある会の記念品を持って、

 

 

 

富山 吟楓会 記念品製作 ミヤモト家具

 

 

 

呉羽ハイツのこちらの会場まで配送にお伺いしてまいりました。

 

2番目のお客様

 

これ、意味分かりますか?

今も昔も、弊社にとっては、

当然に比較できない、大切なお客様ではありますが…

 

どうでしょう?

おそらく、今は

何万何千何百何十何人目のお客様になるのか?

18年もやってきましたから、

流石に、そこは数えようも、数えられないのも事実です。

そんな中、

藤井さんはですね。。。

 

 

2番目なんです。

 

 

最初に知り合ったのは、

私の20代も前半の頃。サラリーマンをしていた頃でした。

 

当時。。。

苦渋の決断で、家具屋をすることを決め、

私は前職で、お世話になったお客様ひとり一人に、

最後のご挨拶にお伺いした時でした。

 

お客様の皆が皆、

「頑張ってね!」

なんて送り出されたわけじゃない。

 

当時は、

「名鉄の宮本」

を、お客様は必要としていただけで、

「家具屋の宮本」

には興味が無かった。

 

「家具はいらね~~わ~~」

 

なんて、冷たく、当時はそっけなく言われたものです。

このブログを書いていて久しぶりに思い出しましたわ(笑)

不思議と冷たくあしらわれたお客様の顔は、

鮮明に思い出すものですね( ̄▽ ̄)

思い出さなきゃよかった(笑)

 

ただ、藤井さんだけは特別だったんです。

市役所の中で、

抜群に仕事の出来る女性管理職者だった藤井さん。

そのキレッキレの仕事ぶりに、

私も実は恐いくらいに思っていましたが、

当時25歳の自分が、

退職を決断し、家具屋をやることを御報告に行った際、

私の目をジッと見つめて手を握り、

 

「宮本さん!あなたね。絶対に大丈夫!

私がこれまで見た中で、あなたが一番だった。

必ず家具を買いに行くから、

私が行くことを、絶対に覚えておいてね!」

 

あの時の藤井さんの顔は、

忘れようにも忘れられません。

 

その後、

藤井さんが来たのは、私が家具屋をやり始めて、

1ヶ月ほど経ったときの事でした。

 

どんな店なのかも知らない。

来たら来たで、当時はやり始めたばかりの、

それはもう、惨めな店でしたから、

あの時、どう思われたのかな・・・。

もしかしたら、残念に思っていたのかもしれない。

 

でも、藤井さんは、

何の迷いもなく、当時一式の家具の買い替えを、

私に頼んで下さいました。

 

その後、息子さん夫婦の家具も頼んで頂き、

役所の同僚の方をご紹介して下さったりと・・・。

 

とにかく有難すぎるくらいにお世話になった。

 

そんな藤井さんに、私は現場で一度、こう聞いたことがある。

 

「藤井さん。どうしてそんなにも、

私に親切にしてくださるのですか?」

 

その時の返答はあまりにもシンプルで・・・

 

 

 

「社長さん。私ね。あなたのこと好きなんだから。

だって一生懸命してくださるでしょ」

 

 

 

あの日。店に戻ってひとり、

夜中に泣いた日のコトを、今も鮮明に思い出します。

 

あれから18年の月日が流れました。

藤井さんは市役所を定年退職しましたが、

今も毎年、自身が中心になって主催している、

公益社団法人 詩吟の会の

記念品の注文をしに、

必ず弊社に来てくださいます。

 

「やっぱり1年に一回。社長さんの顔を見にこないとね」

 

と言いながら・・・

 

「藤井さんは、僕の二番目のお客様なんです!」

 

と、毎度お話しすると、

 

「あれ~~!一番じゃなかったけ?私、何でも1番じゃなきゃ嫌なんだけど!笑」

 

と言って笑うのが、毎年のお決まりのパターンです。

 

 

藤井さんは、僕の恩人です。

当時、

うちがどんな店であろうと、

また、

自分の気に入ったものが仮に無かろうとも、

藤井さんは、

きっと私から家具を購入して下さったのだと思う。

 

あったのは、25歳の私への、

 

「信頼」

 

それだけだったのに・・・

藤井さんは、ことあるごとに、

私から家具を購入してくださいました。

 

 

誰にでも、忘れられないお客様がいるものです。

そしてそれは特に、

自分自身が未熟な時にこそ、必然と出逢うものなのだと思う。

 

僕が今もこの仕事。いや、

ミヤモト家具を続けている理由のひとつに。

それは・・・

裏切ってはいけないお客様がいるというコトです。

 

「ミヤモト家具に行けば社長がいる」

 

そう思って下さるお客様を、

裏切りたくはないからです。

 

 

藤井さん。。。

 

 

 

富山 吟楓会 記念品製作 ミヤモト家具 4

 

 

 

僕は18年の時を経て、43歳にもなりました。

今もこうして、店をやり始めた当初にご購入いただいた藤井さんと、

こうして繋がることが出来るのは、

 

私の誇りです。

 

本当にありがとうございます。

 

このかけがえのない出逢いを、

弊社のスタッフに経験させたいと、

いま、僕は本当に心底思います。

 

こうして今も楽しく仕事が出来るのは、

未熟な自分を支えてくれた、当時のお客様がいるからこそ。

僕は今でも、こうして頑張ることができるんです。

 

 

うん。。。

こんなブログを書くつもりじゃ無かったんですが(笑)、

とめどない内容でスイマセン。

昔を鮮明に思い出すと、無我夢中で今に至りました。。。

 

 

明日も頑張ろ。

自分を信頼して下さるお客様がいる限り。

本日は、

「2番目の藤井さん」

と題してお送りさせて頂きました。

 

 

「かけがえのない出逢い」を、これからも積み重ねよう(*^-^*)

 

 

その先に、きっと素晴らしい未来がありますから。。。。

 

 

 

 

 

それでは皆様。

 

 

 

SOLID KANAZAWA 地鎮祭

 

 

 

きょうも笑顔で

 

 

 

富山 吟楓会 記念品製作 ミヤモト家具 4

 

 

 

ごきげんよう(*^-^*)

 

 

 

 

株式会社ミヤモト家具

http://www.miyamoto-kagu.net/corp/

INTERIOR SHOP MIYAMOTO

http://www.miyamoto-kagu.net

Vintage Factory

http://www.vintagefactory.jp

Interior Proshop LOWVE

http://www.kagu-lowve.jp

SOLID FURNITURE STORE

http://www.solid-furniture.jp

代表取締役  宮本  豊彰

コメントを残す





※HTMLタグは使えません

プロフィール
  • 有限会社ミヤモト家具代表取締役 宮本 豊彰
  • ミヤモト家具、そしてヴィンテージ・ファクトリ―の代表取締役であり、オリジナルブランド、アナーキー・フェイスのディレクター。主に、インテリアデザイン、コーディネート、モデルハウスや店舗デザインなどを手掛ける。専門性を極める事を目的とし、生まれ育った富山で、末永く愛される「モノ」づくりを目指している。
APRIL 2019
M T W T F S S
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
  • アーカイブ
  • 新卒採用情報
  • お客様の幸せのために、本物の家具を伝えるという使命感のもと働ける方。ご応募をお待ちしております。
  • スタッフブログ
  • lowve
  • LOWVEスタッフブログ
  • SOLID 家具屋
  • SOLID スタッフブログ
  • ヴィンテージファクトリーブログ