株式会社ミヤモト家具代表取締役 宮本豊彰のブログ

企業情報

育成

こんばんわ。

オーナーの宮本です。

 

きょうは来期の計画を立てるのに、

今後増える予定の新卒社員3名と、

中途社員1名の、計4名を含めた来期の人員で、

組織図を作り直しておるのですが、

昨日はこれをするのに、

県庁生協組合の忘年会を終えてから取り掛かり、

その後・・・5時間もかかってしもた・・・( ̄▽ ̄)

 

意外に簡単じゃなかった!この仕事!( ̄▽ ̄)!笑

 

まずは評価シートの点数順そのままで序列をしてから、

報告書(特に環境整備報告書)をもう一度見直し、

誰がどのくらい会社の考え方、価値観を理解しているかを再確認。

 

その後、上長から配置し、

その下につける部下を、出来れば彼に(彼女に)、この上長から、

「この部分を学んでし欲しいな~~」

といった、なんとなくの感覚と、相性を考えながら、

言うてもこの最後の部分の配置だけは、

「えいっ!やー!」

といった感じで決めました(そうでもしないと決められない!笑)。

 

この仕事だけは、自分にしかできない(というか、今の規模なら、自分がやらねばならない…)、

そんな仕事なんだなんと、

改めて感じていた次第。。。

 

まぁ、動き出すと、どうなるか分かりませんが、

「間違ったと思ったら、すぐやめる!変更する!」

といった、弊社の経営計画書に書いてある内容通りに、

まずは来期は早々、走り出してみようと思う訳ですが、

 

なかなか「育成」というのは、

一筋縄ではいかない。

 

ワタクシがこよなく愛する、日本プロ野球界において、

長嶋さんは超一流の選手で、球界史上、

最もファンから愛された選手でしたが、

こと監督としては、

あまり評価が高くなかったのは事実だろう。

 

ただ、長嶋さんのファンであり、尊敬する私から申しますと、

そんなことは当たり前で、

彼は天才中の天才で、

受験生に例えるなら、

東大を余裕で且つ、首席で卒業するような選手であったわけだ。

そんな選手が監督になって・・・

 

うまくいくはずも無いではないか!( ̄▽ ̄)!笑

 

凡人の感覚が分からないわけですから、

そりゃ打撃を教えるとき、

 

「来た球を打て!( ̄▽ ̄)!」

 

と、そう指導されても、凡人が打てるはずもない!笑

ただ、私は長嶋さんが、「育成」が下手であったとも思わない。

 

こんな話がある。

巨人の阿部選手は、

長嶋監督が監督最終年に獲得した新人だったわけですが、

彼は、新人年の'01年だと.225という低打率ながら、

捕手としてはまずもって有り得ない、

開幕スタメンを長嶋監督主導で勝ち取り、

その後、このシーズンに、127試合出場した。

 

チーム成績を振り返れば、優勝したヤクルトとは、

わずか3ゲーム差の2位である。

チーム防御率は前年の3.34(リーグ1位)から、

阿部選手のせいと言っては酷ですが、

4.45(リーグ6位)まで落ちた。

前年101試合に出場しているベテランキャッチャーの、

村田真一をレギュラーで起用すれば、

ヤクルトとの差はひっくり返ったかもしれない。

しかしながら・・・

この年限りで監督の座を原辰徳に譲ることを決めていた、

天才長嶋茂雄監督は、

 

“10年の計”と題し、

 

阿部をレギュラーキャッチャーとして起用し続けた。

その成果、彼は知る人ぞ知る、球界を代表する捕手に成長し、

原体制以降の10年以上で、

リーグ優勝7回、日本一3回という成績を収め、

その戦略がしっかり反映されているのが分かる。

 

また、皆様もご存知、元巨人で大リーガーとしても活躍した松井秀喜は、

長嶋監督を師と仰ぎ、

見事、球界のスーパースターに昇りつめた。

 

古い所で言うと、

巨人の名二塁手として長年活躍した篠塚選手は、

高校時代ひ弱で、プロでは絶対に活躍出来ないと言われた中、

長嶋監督が強行でドラフト1位指名し、

首位打者を取るほどの名選手に育て上げた。

 

そこで、何があの時の共通点だったのかと想像してみた。

なんとなくあの時の姿を想像すると、

長嶋監督はあの時、松井にせよ、阿部選手にせよ、

ムチャクチャ真剣に向かい合って、

何度もコミュニケーションを取りながら、

辛抱強く指導し続けた。ということだろう。

 

当然、これはうまくいくときもあれば、

上手くいかない時だってある。

しかしながら、そこに費やした時間と、

コミュニケーションの量を考えると、

やはり、本人の努力も当然ですが、

情熱はヒトから人じゃないと伝わらないし、

大概の事は、真剣に向かい合って、

コミュニケーションをとることで、

ほぼほぼの事は解決できるのだろうと感じずにはいられない。

 

時間は、天才にも凡人にも、平等に24時間しか無いわけですから、

何処にその時間を有効的に活用するかによって、

案外結果は大きく左右されるという事なのでしょう。

 

難しいですね~~育成!

 

何処の会社も上長は、

自分の仕事だけしていれば良いという訳でありませんから(当然私も然りです)

しっかり現場も見ながら、

観察眼をもって、

有効に時間を振り分けて仕事をしなければならぬと、

改めて感じた次第でございます。

 

うん。

 

・・・・・。

 

きょうも自分で書きながら・・・

そういえば心当たりもありまして・・・

 

 

 

 

 

 

反省した!( ̄▽ ̄)!笑


↑ 筆者なのに!笑

 

あしたも全力で頑張ります!( ̄▽ ̄)!笑

 

 

それでは皆様。

 

 

 

111

 

 

 

きょうも笑顔で

 

 

 

222

 

 

 

ごきげんよう(*^-^*)

 

 

 

株式会社ミヤモト家具

http://www.miyamoto-kagu.net/corp/

INTERIOR SHOP MIYAMOTO

http://www.miyamoto-kagu.net

Vintage Factory

http://www.vintagefactory.jp

Interior Proshop LOWVE

http://www.kagu-lowve.jp

SOLID FURNITURE STORE

http://www.solid-furniture.jp

代表取締役  宮本  豊彰

コメントを残す





※HTMLタグは使えません

PROFILE
  • 有限会社ミヤモト家具代表取締役 宮本 豊彰
  • ミヤモト家具、そしてヴィンテージ・ファクトリ―の代表取締役であり、オリジナルブランド、アナーキー・フェイスのディレクター。主に、インテリアデザイン、コーディネート、モデルハウスや店舗デザインなどを手掛ける。専門性を極める事を目的とし、生まれ育った富山で、末永く愛される「モノ」づくりを目指している。

RANKING

  1. 1

    宮本兄弟!SOLID金沢への旅!の巻

    2018.12.27

    宮本兄弟!SOLID金沢への旅!の巻

  2. 2

    取り戻した情熱

    2016.09.22

    取り戻した情熱

  3. 3

    間違った反骨心

    2018.12.22

    間違った反骨心

  4. 4

    和也へ 怒りのブログ

    2019.04.30

    和也へ 怒りのブログ

  5. 5

    家具屋で、本当に良かった。

    2017.04.04

    家具屋で、本当に良かった。

  6. 6

    ミヤモト家具 未完成の日々

    2018.08.25

    ミヤモト家具 未完成の日々

  7. 7

    12年前の手紙

    2015.11.16

    12年前の手紙

  8. 8

    最後の砦

    2014.12.28

    最後の砦

  9. 9

    シュークリームを握りしめた時のお話し

    2019.07.06

    シュークリームを握りしめた時のお話し

  10. 10

    そろそろ甲子園のこの風習に物申す(ー_ー)!!

    2018.07.22

    そろそろ甲子園のこの風習に物申す(ー_ー)!!

OCTOBER 2019
M T W T F S S
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
  • アーカイブ
  • 新卒採用情報
  • お客様の幸せのために、本物の家具を伝えるという使命感のもと働ける方。ご応募をお待ちしております。
  • スタッフブログ
  • lowve
  • LOWVEスタッフブログ
  • SOLID 家具屋
  • SOLID スタッフブログ
  • ヴィンテージファクトリーブログ