株式会社ミヤモト家具代表取締役 宮本豊彰のブログ

企業情報

富山・金沢に!本格派のソファーがやってきた!

こんばんわ。

オーナーの宮本です。

 

今月に入って、SOLID両店の関係もあり、

富山・金沢間を、行ったり来たりしているせいもございまして、

その、中間地点にございます、高岡市は戸出の、

「旭屋らーめん」という、

まぁ、平たく言うと、富山県民に愛され続けて72年。

お馴染みになりましたブラックラーメンなのですが…

これがすこぶる秀逸なんです。

 

 

 

旭屋ラーメン 富山県戸出 ミヤモト家具ランチ

 

 

 

 

何故に?この旭屋が、県民からノーマークであり続けるのか?

どう考えても理解が出来ないくらいに美味い!

 

 

 

旭屋ラーメン 富山県戸出 ミヤモト家具ランチ3

 

 

 

わたくし、特別ラーメン好きでもないのですが、

ここだけは西武の「おかわり君」こと中村選手のごとく、

ホンマに「おかわり」してやろうかな?

と思ってしまうほど…( ̄▽ ̄)笑  とにかく秀逸。

うちで家具買ってくれんかな~~笑

そうならば、ムチャクチャ応援してあげたいと思って仕方ない(笑)

 

まぁ、何でも、ジャンルとしては、

「らーめん」の一言で片づけられてしまいますが、

500円でも高いと思うラーメンもあれば、

1000円でも安いと思うラーメンもあります。

これが、

クオリティー対プライス

という奴です。

 

家具も同様。

ソファーひとつ。

5万円台のソファーもあれば、10万円台。20万円台。

それから、うちにはありませんが、

世の中50万円~100万円台のソファーだって、

そう珍しくありません。

 

中には、5万円でも高いと思うソファーもあれば、

6倍の、30万円をかけても安いと思うソファーもある。

 

これから新築をする30代前後のお客様にも、

しっかりと手の届く価格帯で、

本物の品をお届けし続けていきたい。

僕が、会社設立当初から、

へたすると何よりも拘ってきた部分と言ってもよいだろう。

 

というわけで、

本日は、ソファーのお話し。

 

 

 

SOLID SLC02 Couch Set-wn (1)

 

 

 

昨年、ミヤモト家具・SOLIDを含めた全製品の中でも

トップクラスの販売数を誇りました、

こちらはSOLIDオリジナルのSLC02ソファー。

 

 

 

SOLID SLC02 Couch Set-wn (5)

 

 

 

近年、弊社では、こういった無垢材のフレームである事を主張した、

木製ソファーが、 売上げの大半を占めるまでになった。

良質の無垢材を多用している為、

違いや品質が分かりやすい。

そういった理由もあると思いますし、

 

 

 

SOLID SLC02 Couch Set-wn (2)

 

 

 

やはり後ろ姿が秀逸だった。

 

 

 

SOLID SLC02-2-1620-wn   (8)

 

 

 

最近では新築にもなると、ソファーの背面を見せる配置をすることは、

なんら珍しい事ではありませんし、

 

 

 

SOLID SLC02 Couch Set-wn (4)

 

 

 

その時に、やはり木部を主張しない「張りぐるみ」のソファは、

提案するほうとしても、

時に提案しづらくなってしまう。

そういった事は、相応にしてございました。

 

が・・・

 

やってしもたわ・・・

 

SOLIDが・・・

 

ワタクシも、ひょっとして・・・

日本一のソファーになったんじゃないかな?

大袈裟でもなく、

そんなふうにも想う。。。きょうこの頃。。。

ではお見せしよう。

この度、満を持してデビューとなった本格派を!

 

 

 

SOLID SLC05 (7)

 

 

 

 

はいっ!カッコイイ!( ̄▽ ̄)!


 

張りぐるみのソファーを展示したのは、

ミヤモト家具でもベイル以来となりますから、

もはや10年ぶりくらいになりますでしょうか?

 

 

 

SOLID SLC05 (10)

 

 

 

本気のソファーですよ・・・いやマジで!

しかもですね・・・

 

 

 

富山県・富山市・石川県・金沢市 ソファー・SOLID SLC05

 

 

 

張りぐるみで、中が見えない構造にも関わらず・・・

本体を、なんと無垢材で製作してしまった。。。

何とも開発したヒト。頭オカシイんじゃないか?と思うほどの(笑)

本格派の中の本格派です!( ̄▽ ̄)!

 

開発段階の時に、

当初、永野社長から、

SOLIDらしく、中まで無垢材を使用した張りぐるみソファーを製作しようと、

その案を頂いた時は、

思わず。。。

 

 

 

マジですか???( ̄▽ ̄)


 

と、耳を疑いましたが、

本当に現実になってしまいました。

こうして。。。

 

 

 

富山県・富山市・石川県・金沢市 ソファー・SOLID SLC05

 

 

 

見えない所まで、

紛れもなく、「本物」のソファーが完成してしまった。

無垢材オンリーの加工、工場ラインだからこそ、

この品質を可能にしたというコト。

これは間違いのない事実であり、

それゆえ、

唯一無二のソファーとなったと感じます。

そして、

 

 

 

SOLID製品開発会議2019.1 (5)

 

 

 

縫製やウレタンの構造などを手掛けたのは、

この道一筋、30年近くの実績と経験値を誇る、職人の今川さん。

 

 

 

富山県・富山市・石川県・金沢市 ソファー・SOLID SLC05

 

 

 

使い込んだ時のヴィンテージ感を出すために、

敢えてシワ感を残した張りにする為、

しょっぱなから苦労をしたと言います。

使い込んだ時に、同じシワの出方となるように、

これはオイル革での縫製だった為、

1台でおよそ3頭分の牛革を贅沢にも使用し、

色合わせもしながら、

牛革のお腹から背にかけて、同じ方向で縫い合わせを実行。

とにかく良いモノを作るためには、

時に効率が悪くなろうとも、妥協を許さず製作する。

その姿勢には、感動すら覚えます。

 

 

 

富山県・富山市・石川県・金沢市 ソファー・SOLID SLC05

 

 

 

今回の特徴の一つとなった、アウトステッチのライン。

特に牛革の場合は、素材自体が固く、厚みがあるうえ、

このソファーに至っては、単純に縫製の際の厚みが2倍になりますからね~~

 

ハンマーで叩きながら(笑)ミシンをかけたと言います。

そして最後にアウトラインをペンチでつまみ、

ひたすら形を整えていく作業を繰り返す。

これだけでも、

実に沢山の職人の手が、このソファー1台に費やされているのかが分かります。

ホントに、単純に凄いですよね(*^-^*)

よくここまでされたなと思いますわ( ̄▽ ̄)

 

 

 

富山県・富山市・石川県・金沢市 ソファー・SOLID SLC05

 

 

 

特に、天然素材である革の場合は、

縫製での失敗は命取りです。

製作中、特段、集中力が必要となる作業であることは、

もはや言うまででも無いでしょう。

また、素材の伸び方がひとつ違えば、

上下、前後のズレが出てきてしまう為、

取り返しのつかない事にもなり得るのが、この仕事の難しさ。

 

いくら100点の図面を制作しても、

図面では表せない、職人としての難しさが、

このソファーにはあると言えるでしょう。

 

そしてなんと言っても最後の拘りは、

座り心地に対する、デザイナーである前田さんの、

あくなき追求心が生み出した製品であるというコトだ!

製品化に至るまでに、

合計5回の試作を繰り返したという、

その座りに対する拘りは、

何が何でも最高品質のソファーを製作したいという、

もはや執念さえも感じました。

 

何度も何度も、ウレタン一枚一枚の厚みや密度を入れ替え、

トコトン座りを比較したと言います。

 

 

 

富山県・富山市・石川県・金沢市 ソファー・SOLID SLC05

 

 

 

沈み過ぎはしないか?

硬すぎ、柔らか過ぎやしないか?

 

何度も何度もウレタン層を入れ替えてみては、

試行錯誤を繰り返した。

 

 

 

富山県・富山市・石川県・金沢市 ソファー・SOLID SLC05

 

 

 

型崩れしないように、枠は高密度のウレタンを45度にカットし、

座角をそこまで付けなくとも、前滑りもしないように工夫した。

 

当たりをソフトにする為に、

三重構造のウレタンの上に、羽毛を入れたわけだが、

その羽毛さえも、座る部分によって割合(グラム数)を変えてみたり、

二重縫製を施した生地の中にも、仕切りを付けて、

羽毛がどこか一カ所にかたまっていかぬようにも考慮した。

無垢材を抜かした、中の構造だけでも、

なんと26以上の部品を使用したというから驚きである。

そして・・・

 

 

 

富山県・富山市・石川県・金沢市 ソファー・SOLID SLC05

 

 

 

このデザインでありながら、

フルカバーリングであることを実現した。

 

 

 

富山県・富山市・石川県・金沢市 ソファー・SOLID SLC05 (1)

 

 

 

時には、デイベットのように、シンプルに使ってみても良いでしょう。また、

 

 

 

富山県・富山市・石川県・金沢市 ソファー・SOLID SLC05

 

 

こうして、

 

 

 

富山県・富山市・石川県・金沢市 ソファー・SOLID SLC05

 

 

 

こうして、いろいろなサイズのクッションを組み合わせてみることで、

その時々の、自分のベストなポジションで、

心地よく寛ぐことも可能にした。

当然、時にはソファーの上で、胡坐をかいてみるのもイイだろう。。。

 

試作が仕上がった時、私と岡本店長で、福岡はナガノさんに伺い、

その時、岡本店長がソファーの上で飛び跳ねようとも、

一切しなることもしなかった強靭なボディーは、

中まで無垢材で仕上げたからこその、紛れもない、

本物の耐久性があることを実証したと言ってよい。

 

こうして、

SOLID初の、張りぐるみのソファーが誕生した。

 

見てもらいたいし、ここで価格を述べることは致しませんが、

紛れもなく、先ほどからお話ししている、

 

価格 対 品質

 

において考えた時、僕は全国屈指にお買い求めしやすいソファーになったと思うし、

また、

長い年月をかけて、愛着を持ちながら、

自分色に育てていけるソファーに仕上がったのかな?と思っている。

 

こうしてこの度、満を持して堂々のデビューを果たしました、

SOLID-SLC05 SOFA!!

作り手の想い。デザイナーの想い。そしてSOLIDに携わる、

全ての職人、販売員の想いが詰まったソファ―です。

 

少々ご紹介が遅れてしまいましたが、

SOLID富山店、金沢店、そして福岡店にて、

現在、絶賛発売中でございます!!

 

 

 

ここで終わりとしたい所ですが、最後に、

私が張りぐるみのソファ―だけは、

違う工場でオリジナル製作をして、SOLIDに展示しようとした所、

この企画を提案し、

何よりもSOLIDらしい張りぐるみソファーの開発を進め、

予想を遥かに超えるデザインと品質に仕上げて頂きました、

我らがナガノインテリア永野社長に、心から感謝したい。

うちのスタッフが喜んでくれて、自分もホント嬉しかったし。。

永野社長!!

本当に、本当にありがとうございました!!!

 

SOLIDを代表するソファーになりそう。。。

いや、間違いなく、なるやろうな・・・( ̄▽ ̄)

 

本日は、

「富山・金沢に!本格派のソファーがやってきた!」

と題してお送りさせて頂きました。

 

うん。そうですね。。。。

 

きょうは、珍しく…まともなブログを書いたためか・・・・

 

 

 

 

 

 

仕事をした気分なのだ!( ̄▽ ̄)!笑


いつもそうしれや!( ̄▽ ̄)!←ウルサイ!

 

 

それでは皆様。

 

 

 

SOLID ブランドイメージ写真 (15)

 

 

 

きょうも笑顔で

 

 

 

SOLID製品開発会議2019.1 (4)

 

 

 

ごきげんよう(*^-^*)

 

 

 

 

株式会社ミヤモト家具

http://www.miyamoto-kagu.net/corp/

INTERIOR SHOP MIYAMOTO

http://www.miyamoto-kagu.net

Vintage Factory

http://www.vintagefactory.jp

Interior Proshop LOWVE

http://www.kagu-lowve.jp

SOLID FURNITURE STORE

http://www.solid-furniture.jp

代表取締役  宮本  豊彰

この記事に対するコメント

  • 永野貴啓 さんより: 2019年1月30日8:41 PM

    最高です!ありがとうございます!
    写真も語りも上手ですねぇ!!!
    先日の今川の語りを上手にまとめていただいて、
    最高です!!!今川も前田も喜ぶと思います!

    • admin さんより: 2019年2月1日1:06 AM

      永野社長!いつもありがとうございます!
      心底、良いと思えるモノを販売できるというのは、
      幸せなコトだと実感しました。
      これからもどうぞ宜しくお願いします<m(__)m>
      SOLID最高ですよ(^O^)/

コメントを残す





※HTMLタグは使えません

プロフィール
  • 有限会社ミヤモト家具代表取締役 宮本 豊彰
  • ミヤモト家具、そしてヴィンテージ・ファクトリ―の代表取締役であり、オリジナルブランド、アナーキー・フェイスのディレクター。主に、インテリアデザイン、コーディネート、モデルハウスや店舗デザインなどを手掛ける。専門性を極める事を目的とし、生まれ育った富山で、末永く愛される「モノ」づくりを目指している。
FEBRUARY 2019
M T W T F S S
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
  • アーカイブ
  • 新卒採用情報
  • お客様の幸せのために、本物の家具を伝えるという使命感のもと働ける方。ご応募をお待ちしております。
  • スタッフブログ
  • lowve
  • LOWVEスタッフブログ
  • SOLID 家具屋
  • SOLID スタッフブログ
  • ヴィンテージファクトリーブログ