株式会社ミヤモト家具代表取締役 宮本豊彰のブログ

企業情報

変わらない場所

こんばんわ。

オーナーの宮本です。

 

先日、私の元に、

また懐かしい友人がSOLIDに来店された。

会社を設立してから3年後の、私が28歳くらいの時に知り合った、

同じ歳の小口さん。つまり彼も当時は28歳。

ミヤモト家具が、設立後の当初5年程の期間を乗り越えることが出来た背景には、

あの当時、私も20代も後半に差し掛かる歳で、

友人が結婚したり、サラリーマン時代の同僚や先輩方が家を建てたりなど、

私への祝儀的なもので、こぞって家具を購入しに来られた人が、

とても多くいたからだ。

中には、

当時はあまり深い仲でもなかった友達や会社の同僚が、

家具を購入しに来られた時には、

学生時代やサラリーマン時代の今まででは、

微塵も感じなかったような、

「有難さ」

というやつを、つくづく実感したものである。

よって、今おもえば、店には人っ子一人来ない状況に、

並みならぬ危機感も感じながら、

何とかかんとか、首の皮一枚でも繋ぎ合わせて、やっていけたのだろうと思う。

その後、友人の結婚ラッシュや、サラリーマン時代の同僚の新築ラッシュは落ち着き始め、

なんせお金の無かった私は、ぼちぼちやばいぞと思い始めた!笑

かといって、商工会議所や青年会議所に入り、

いわゆる「付き合い」と言うやつをしながら、地道に人脈を作っていくほど、時間もなければお金もないし・・・。

そこで思いついたのが、

「スポーツチームを作ろう!」(いま思えば幼稚やな~~( ̄▽ ̄)笑)

というコトで、私は社会人バスケチームを結成し、

そこで監督を務め、丸5年間くらいは活動したと思う。

バスケを選んだのは、自分がしていたのもあるが、

活動が夜で、店を閉めてからでも体育館に行けたことと、

準備が楽!やれる場所と、ボールがひとつあれば何とかなる!笑

私的には、

商売に少しでも繋がればと思い、やり始めたのだが、

これ、

結果として、

バスケチームの仲間がこぞって家具や雑貨を買いに来てくれたり、

当時は私とアルバイトしかいなかったので、

配達に困り、よくバスケチームのメンバーに手伝いに来てもらったりと、笑

私が作った社会人バスケチームは、

ミヤモト家具にとって、大変な貢献をしてくれました(笑)。

今振り返ると、嘘みたいに信じられない過去ですが…笑

ちょうど、その時に、

富山に転勤してきたばかりの小口さんが、

私のバスケチームに入部してきたのがキッカケで、

私と小口さんは知り合った。

 

歳が一緒だったこともあったし、

わりと仕事よりもバスケを楽しみたいメンバーが多い中、

小口さんは珍しく、仕事に随分と情熱を持った同級生でしたから、

私とは早くから気が合い、よく二人でお互いの仕事のコトを、

熱く夜中まで語り合ったりしてましたね。

いや~~ ホンマに私も若かった!笑

その後、うちのバスケチームには3年ほど所属したのち、

転勤になってしまい、

私と小口さんは歳にして31、2の時にお別れした。

 

その後ミヤモト家具は完全に軌道に乗り、

私は夜のバスケさえも行けない状況になったので、

社会人バスケチームを同じチームの仲間に譲り、

あれから、

私は小口さんと一度も逢うコトもなく、

もう10年もの時間が経過した。

その間は、大震災の時の支援物資を送ってあげたり、

SNS上で1年に一度、彼の誕生日の際に

「おめでとう」

と、やり取りする程度だったわけですが、

SOLIDにて実に10年ぶりの再会。

本店にたどり着き、私がSOLIDにいるからと、

スタッフに案内されたそうである。

 

この10年の間。

 

私はその間、子宝に恵まれ、

当時独身だった小口さんはその間に再婚し、

奥さんと娘さんを連れてきたことに、しみじみと感動!笑

ミヤモト家具が発展していく様子を、

ずっと、SNSを欠かさず見ながら、

遠方から私を見てくれていたそうだ。

 

「宮本さんが同じ歳でずっと頑張っている様子を見ていたから、遠方でも逢いに行きたいと思った。」

 

と話す小口さん。

私は久しぶりに小口さんと再会し、

長く同じ仕事を続けてきたことに、改めて誇りを持つことが出来ました。

例え、なかなか会うことが出来ない友人であったとしても、

 

「古い記憶を辿りながらでも、あそこに行けば宮本さんに逢える」

 

そう思ったと私に話してくれました。

 

何気なく、ふと、幸せに思う事がひとつあるのですが、

長く同じ仕事をしていると、

時々巡る、こんな再会があったりするというコトです。

 

そんなときに、

いつも思うのが、

 

「続けてきて良かった」

 

って思うコト。

そういえば、

今年ミヤモト家具に入社してきた城岸さんも、

他県から長く離れていた富山に戻ると決めた時、

 

「どこで働こうか?」

 

と考えた際に、

学生時代の記憶を辿り、

あそこに、確かオシャレな家具屋さんがあったな?と思い出してくれたそうだ。

私がやり始めた、初期の頃だ。

 

故郷を思う時に、

鮮明に思い出す店がある。

小口さんにとっては、僅か3年いただけの、

せちがない富山の、

古い商店街に佇む、家具屋だったのかもしれませんが、

 

いつも、ミヤモト家具の本店が、

何処か記憶に残るような、

そんな場所であって欲しいなって、

小口さんと再会し、そんなことを考えていました。

例えですね。

別にここに家が無くなっていたって、

富山に行けば、

ミヤモト家具がある。

あそこに行けば、

~~~さんに逢える!

そんなふうに思ってもらえたら、

本当に最高じゃなかろうか?

生きている価値があるってものです(*^-^*)

 

 

 

 

小口さんと宮本社長の再会

 

 

小口さん。

思い出してくれてありがとう。

奥さん綺麗なヒトやな~~(*^-^*)

また・・・

 

仮に10年後だったとしてもですね。

自分はどこかの店舗に必ずいますから。

思い出したら、いつでもおいで!

待っています(*^-^*)

 

僕の情熱が、

10年たった先にも、遠方にいる友人に届いていたことが、なんせ嬉しいですね。ホンマに最高です(T_T)/~~~

 

ではきょうは、久しぶりにこの一言で締めたいと思う。

 

 

 

 

 

情熱は伝染する

 

 

 

 

 

明日も、当然全力で頑張ります!

 

それでは皆様。

 

 

 

zei ステーキ屋 宮本社長夜食2

 

 

 

きょうも笑顔で

 

 

 

zei ステーキ屋 宮本社長夜食1

 

 

 

ごきげんよう(*^-^*)

 

 

 

株式会社ミヤモト家具

http://www.miyamoto-kagu.net/corp/

INTERIOR SHOP MIYAMOTO

http://www.miyamoto-kagu.net

Vintage Factory

http://www.vintagefactory.jp

Interior Proshop LOWVE

http://www.kagu-lowve.jp

SOLID FURNITURE STORE

http://www.solid-furniture.jp

代表取締役  宮本  豊彰

No Comment
プロフィール
  • 有限会社ミヤモト家具代表取締役 宮本 豊彰
  • ミヤモト家具、そしてヴィンテージ・ファクトリ―の代表取締役であり、オリジナルブランド、アナーキー・フェイスのディレクター。主に、インテリアデザイン、コーディネート、モデルハウスや店舗デザインなどを手掛ける。専門性を極める事を目的とし、生まれ育った富山で、末永く愛される「モノ」づくりを目指している。
AUGUST 2017
M T W T F S S
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
  • アーカイブ
  • 新卒採用情報
  • お客様の幸せのために、本物の家具を伝えるという使命感のもと働ける方。ご応募をお待ちしております。
  • スタッフブログ
  • lowve
  • LOWVEスタッフブログ
  • SOLID 家具屋
  • SOLID スタッフブログ
  • ヴィンテージファクトリーブログ
123456789101112131415...LAST >