富山の家具屋 ミヤモト家具スタッフブログ

企業情報

100年絨毯。

100年絨毯。

大山辰則

三寒四温な今日この頃、
だんだん気温も上がっています。
散々着込んだコートは、タンスの
三段にポンとしまいましょう。

 

 

調子のよい韻が踏めました。

今週も土曜日の大山です。

 

今日は、今激熱なラグのお話しです。

 

只今本店の2階では、大きめのスペースを使って
このような展示ブースを展開しております。

富山 家具 ラグ じゅうたん

 

この絵画の様に飾ってあるものこそが、激熱ラグ。

「ラグ」というよりは、「絨毯」としっかり言ってあげた方が良いでしょう。

 

基本は天然のウールで織られていて、
白と青のグラデーションになっているお花の模様みたいなところは
なんとなんと、シルクが使われています。

富山 家具 ラグ じゅうたん

この絨毯は密度も尋常じゃなく、踏んだ時の底付き感が全くありません。

正座しても足が痛くならないです。

 

先日の勉強会では、スタッフのみんながその踏み心地と
触り心地に感動していました。

富山 家具 ラグ じゅうたん

こればっかりは実物を触っていただく他、無いかなと思います。

 

この密度が実現できるのは、この絨毯が
人間の手による手織りであるということ。

機織り機なども使っておらず、ひとつひとつ結んで織られます。

ですので、1枚の絨毯が完成するまで3ヵ月程かかります。

もちろん受注生産。

 

あとは、驚異の耐久年数。

誇張無しで100年使用できます。

その理由は、織りあがった後に
鉄のクワ状のもので、思い切り引っ掻く工程があります。

日常生活ではありえないほどの負荷をかけて仕上げていくので
100年という耐久性が生まれます。

 

まだまだほかにも伝えるべきことは沢山あるのですが、
文字だけでは上手く伝えきれません。

ぜひとも現物を見に来て頂ければと思います。

 

6月頃に、この絨毯の展示会を企画していますので、
その前に、ぜひともご覧ください。

 

絨毯の良さを余すところ無くお伝えいたします。

 

 

以上、抹茶のブラックサンダーが美味しい大山がお送り致しました。

また来週お会いしましょう。

■INTERIOR SHOP MIYAMOTO

http://www.miyamoto-kagu.net

■自社工場Vintage Factory

http://www.vintagefactory.jp

■Interior Proshop LOWVE

http://www.kagu-lowve.jp

■SOLID FURNITURE STORE

http://www.solid-furniture.jp

コメントを残す





※HTMLタグは使えません

  • solid
  • フォトアルバム
JUNE 2019
M T W T F S S
« May    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  • archive
  • 新卒採用情報
  • お客様の幸せのために、本物の家具を伝えるという使命感のもと働ける方。ご応募をお待ちしております。
  • 社長ブログ
  • lowve
  • LOWVEスタッフブログ
  • SOLIDスタッフブログ
  • ヴィンテージファクトリー ブログ
  • 旧ブログ